即融資が可能なカードローンはこちら!

転職をしてどれくらい経つとお金を借りるための信用が増す?

キャッシングやカードローンでは転職をするとなると、お金を借りづらくなるということがあります。

転職をするということは職場が変わるということであり、給料が今後どうなるか?分かりづらい状況なのです。したがって、転職をして間もない頃というのは、どうしても収入の安定性が掴めないため、キャッシングやカードローンの審査ではそこが考慮されてしまい、お金を借りづらい状況というのが発生します。でも、転職をしたことが、そういう影響として考えられるのは、転職をしてある程度すぐの時期です。

転職をしてすぐというのは、給料を実際に貰う期間がまだ短いため、平均がどのくらいなのか?どれくらい安定しているのか?というのがまだ判断できない状態ですが、それが時間が経つにつれて、給料をもらう回数が増えることにより、データが増えて、そういったことが判断できるようになるのです。そういった点により、キャッシングやカードローンでは信用が徐々に増していき、お金を借りられる可能性が高くなります。一般的には半年から1年くらい経てば転職をしたことの影響はほぼないと思います。

1年以上経っていれば、ほぼ問題ないと言えるでしょう。そのくらいの期間を越えれば不利なく審査を受けられると思って良いと思います。



このページの先頭へ