即融資が可能なカードローンはこちら!

消費者金融系と銀行系があるカードローン

カードローンには、消費者金融系と銀行系のものがあります。両社とも名前は同じカードローンなのですが、違いがあります。

まず一番の大きな違いは、総量規制対象であるかどうかです。総量規制とは、賃金業法で定められた法律で、利用限度額が年収の3分の1までとなっています。これはアコムやプロミスといった消費者金融系のカードローンが対象となっています。しかし、銀行系のカードローンは総量規制の対象外となっています。そのため、消費者金融系では借り入れできなかったお金が、銀行系なら可能となるといった場合もあるのです。

また、金利が比較的低く設定されてるのも銀行系であることが多いです。一番高い方の金利を比較すると、消費者金融系は18%程度であるのに対し、銀行系は14.5%程度といったところです。銀行系の方が利息を低く抑えることができるメリットがあると言えます。

なんだかこうしてみると、総量規制対象外で低金利の銀行系の方ばかりがメリットがあるように思えてしまうかもしれません。ですが、消費者金融系のカードローンの一番の魅力は無利息期間サービスがある点です。アコム、プロミス、アイフルといった大手消費者金融会社のほとんどがこの無利息サービスを実施しています。銀行系においても無利息サービスを行っているところもありますが、数える程しかありません。短期ですぐ返済できる予定があれば、この無利息サービスを利用してお得に利用するのもアリでしょう。

このページの先頭へ